ルフィーナ 効果

加水分解ヒアルロン酸

 

もともとお肌に存在するヒアルロン酸は、3大保湿成分の一つです。また、たるみやシワとも深く関わりがあります。
しかし体内のヒアルロン酸は加齢とともに減少します。
ヒアルロン酸は、水分保持能が高く、1gで6Lもの水を抱え込むことができるといわれています。
「加水分解ヒアルロン酸」とは、水と反応させてヒアルロン酸の粒子を小さくしたものです。
さらりとした質感と、粒子が小さいため肌の内側まで浸透する特徴があります。
肌の内側まで浸透するので、肌奥のコラーゲンの水分不足を解消する効果があります。単なる保湿効果だけではなく、お肌のコラーゲンを元気にし、肌の弾力がよみがえり、しわの改善効果も期待することができます

 

ルフィーナ 保湿成分